セキレイ(セグロ・キ・ハク)

野鳥を調べていくうちに 生息する場所と餌を調べてた
そうすることで どこに行けば撮れるかを知ることになる
ガイドしながら 奥入瀬に入って 見れる場所が違い
識別できるようになったのが
セキレイ だ
渓流に入り口では セグロセキレイ

セグロセキレイ30.JPG

渓流の中程では  キセキレイ

キセキレイ1.jpeg

上流や子ノ口では ハクセキレイ

ハクセキレイ4171JPG.JPG

という具合に 大体別れて住んでる

雪解けの奥入瀬に入ったら
調整池には 
セグロセキレイとハクセキレイが一緒に居た
本当かよ〜 疑ったね

「日本では急速に分布を拡げているハクセキレイとの
軋轢(あつれき)があり、
個体数が減少する傾向にあります。」

餌の少ない時期は 一緒に居るんだね
と勝手にそう思った

水鳥も徐々に移動し始めましたね
渡り鳥は 姿を消しました

山には もうキビタキ(夏鳥)が来てる
これにも驚いたね
変化が速いです
何かが こういう事態を変えてる気がしならない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント